キングダム強い順ランキング!

紀元前の春秋戦国時代、秦の片田舎に生まれた孤児「信」が武功を立て、大将軍になる夢を持ちます。 夢をかなえるために腕を磨き、戦の何たるかを学んで、そして数多の戦を戦い抜いて成長していく物語が「キングダム」です。戦乱の世に常軌を逸するほどの力を誇る武将たちが持てる力の限り戦い、雌雄を決します。 「信」を中心に広大な中国をその手に治めようとする剛健でたくましく、また知力にも優れた登場人物たちを、強さでランキングしてみました。

1位:王騎

中華最強の六将の頂点に立っている王騎は、誰もが認める歴史に名を刻む英雄です。

王騎の名は広大な中国全土に響き渡り、多くの戦で猛威を振るいました。戦場を駆け抜ける姿から「秦の怪鳥」と呼ばれ、力だけではなく、知略も兼ね備えていて、人望もある猛将です。

2位:李牧

趙国の新三大天の一人、李牧の軍師としての能力は王騎を超えるほどです。

その知力を活かして、政治、外交、交渉とあらゆる面で優位な立場をとり、敵を出し抜きます。

意表を突いた戦術を用いて、秦国を滅亡寸前まで追い込んだこともあり、武力に於いても、数多の戦を潜り抜けてきた経験を持ちます。

3位:廉頗

元は趙の三大天の一人である大将軍だった廉頗は、高い知力を持つ魏の将軍です。

武将としての腕前は李牧からも一目置かれ、正面から勝てる武将はいないと言わしめるほどです。兵士たちの士気を高め、圧倒的な采配を振るうことができる武将です。

4位:媧燐

女性でありながら戦場で力を振るい、戦の天才とまで言われる楚の女大将軍、媧燐はその残忍さでも知られています。

自分の気に入らなければ、部下であっても有無を言わさず蹴り殺しています。敵の意表を突いた戦いで挑むことになんの躊躇も見せない、最狂の武将です。

5位:騰

王騎の後継者として指名され、副官である騰は、王騎本人から自分と見劣りしない実力を持っているとまで言われています。

その実力は楚の将軍臨武君を難なく倒したことからも窺えます。本心を表に出すことなく、常に飄々としていますが、趙軍との戦では本陣に突撃して趙荘を討ち取るような大胆さを見せます。

「キングダム」は信の成長していく姿を見るのもいいのですが、それ以上に、次々と登場する武将たちの個性や戦い方が興味深く、目が離せないものとなっています。

無敵と思われるほど強さを誇る武人が、新しい敵に倒されていく無念さなども詳細に描かれていて、胸に詰まるものがあるのではないでしょうか。

今日は勝者でろうと、明日は知れないのです。だからこそ、それぞれの登場人物たちの強さの優劣が非常に気になるところとなります。戦で勝つには力だけでなく、戦略や外交、交渉などの知力も必要とされます。キングダムは複雑に考えられた作品です。

エムキャス